2級ボイラー技士に合格する勉強法


「教本を開いただけ眠くなります。。」

ID-100151692_s.jpg

「やらなきゃいけないのはわかってるのに、どうもやる気がしない…」
「試験が迫って焦るばかりで、全然覚えられない…」
「用語が難しくてチンプンカンプン…」
「何をどうやって進めれば良いのかわからない…」

このような試験勉強の悩みや不安を抱えている2級ボイラー受験生は実はたくさんいます。

また「試験勉強なんてウン十年ぶりだよ…」という中高年の受験生も少なくありません。
毎日忙しくて、なかなか勉強時間を確保できないという人も多いでしょう。

しかし、年齢、職種、経験など関係なく、すべての2級ボイラー受験生が共通して望んでいることがあります。

それは、「楽してサクッと受かりたい!」ということです。「楽してサクッと」というような言い方をすると、何か怠け者で不真面目な感じがします。しかし、試験勉強以外にも毎日やるべきことがたくさんあり、是が非でも合格したいあなたにとっては、これは不真面目でもなんでもなく当然の願いではないでしょうか。

是非あなたには「楽してサクッと」受かってもらいたいと思います。
そして、取得した2級ボイラー技士の資格を今後の人生に活用して、より豊かで快適な生活につなげて行って頂きたいと思っています。

落ちこぼれをたった14日間で合格させた裏ワザとは?

以前S君という部下がいました。彼は2級ボイラー技士試験に2回連続で落ちていました。S君は頭の回転も速く、仕事の飲み込みも早いのにどうしてだろう?と思っていました。

職場の仲間からは「オマエ普通2回も落ちるか!?」「案外バカなんだな!」と毎日からかわれていました。このままではちょとマズイなと思いS君がどんな勉強をしているのか探ってみることにしたのです。

「なぁS、お前どうやって勉強してる?」
「エッ?僕ちゃんと勉強してますよ!こないだの試験も結構手ごたえあったんですけど…」

自分でもなぜ落ち続けるのか良くわからない様子で、うつむき加減で自信なく答えるS君。

「じゃあいつも何で勉強してるの?」
「いや、ちゃんと教本の太字のところとかに線を引いてそれを覚えていますよ!」
自分が頑張っていることをムキになって主張するS君。

「問題集は?」
「試験が近くなったらちょこっとやってます。」

「過去問は?」
「エッ?過去問ですか?やってもしょうがないのでやってません。」
キョトンとした表情で当然のように答えるS君。

「何でやってもしょうがないの?」
「だって一度出た問題やったって意味ないじゃないですか!」

「ふ~ん、などほどぉ、そういうことかぁ~」
「そ、そういうことって何ですか!?」不安と疑いの目でこちら見るS君。

「Sさあ、実は過去問が一番大切って知ってた?同じ問題は何度も出てるんだよ」
「エッ!?一度出た問題って、もう出ないんじゃないですか?」
目を丸くして驚くS君。

どうやら彼は根本的な勉強のやり方が間違っていたようでした。


翌日…

「お~いS!今日から教本読まなくていいから、これだけやんな」
「何ですかコレ?」得体のしれないものを渡され半信半疑のS君。

「コレだけやれば絶対に受かるから、逆に他のものには手を出すなよ!わかった?」
「あと覚えるときには○○をしながら暗記してみな、それとできるだけ◯◯も忘れないで、スラスラ頭に入るから」

そう言って「ある教材」をS君に手渡しました。それが、試験のちょうど2週間前でした。

そして迎えたS君にとっての3回目の試験、その結果は…

3度目の正直で見事合格できたのです!

では、落ちこぼれのS君は一体どんな教材を手にし、そしてどんなアドバイスを受けたのでしょうか?

その答えをこれから順番に公開したいと思います。
この答えを知ることで、あなたの合格レベルは一気に高まるでしょう。

なぜ「楽してサクッと」と行かないのか?

なぜ多くの受験生がすんなりと合格出来ないのでしょうか?その理由を順番にお話します。

一般的に2級ボイラー技士試験に合格するためには以下のような方法で勉強をします。

1.テキストをひたすら読み、覚える
2.過去問や問題集をくり返す
3.参考書や通信講座で理解を深める

しかし、実際にボイラーに触れたことのない人や初学者にとっては、なかなかハードルが高いのも事実です。

そこで、より深い理解を得ようと講習会試験対策セミナーに参加する方もいらっしゃいます。

確かに、ボイラーの構造や試験のポイントをよく理解した講師から直接教えを頂くのは貴重な体験です。真剣に受講すれば、ボイラーに関する知識や理解度も格段に上がるでしょう。

しかし、実は講習会やセミナーには大きな落とし穴があります。

試験対策講習会やセミナーの落とし穴

講習会やセミナーの落とし穴とは、どんなに優れた講師の講座を受けても、たとえ試験に出るポイントを教えてもらっても、結局最終的には「自分の力で暗記しなくてはいけない」ということです。

「そんなこと、当たり前でしょ?」

確かに当たり前です。
でも当たり前だからこそ、実は多くの方が見落としてしまっているのです。

では一体何を見落としているというのでしょうか?

不合格

試験に合格するために一番重要なポイントを一つだけ挙げるなら、
「出題されやすいポイントを記憶し、その知識を試験当日に間違いなく引き出せること」です。

大切なのでもう一度言います。

「出題されやすいポイントを記憶し、その知識を試験当日に間違いなく引き出せること」

ですからその点を押さえずに、どんなに実績のある講師に学んでも、合格率を誇る講座や教材で学んでも、問題集を解きまくっても、なかなか成果に結びつかないのです。

ではどうすれば、
楽してサクッと一発合格できるのか?

実は2級ボイラー技士試験に楽々合格するためには3つのポイントを押さえることが大切です。

一発合格するための3つのポイント

  1. 何を勉強するのか?
  2. どうやって勉強するのか?
  3. どれくらい勉強するのか?

この3つのポイントをハッキリさせることで試験勉強が加速度的にはかどるのです。ではこの3つのポイントを満足させるためには具体的にどうすれば良いのでしょうか?

一発合格のポイント1「何を勉強するのか?」

実はそれは簡単です。試験に出るところを中心に勉強を進めれば良いのです。
「試験に出るところ」と聞いてパッと思いつくのが「過去問題」ではないでしょうか。
そう、極論すると過去数年分の過去問の内容をそっくり覚えてしまえば、楽々合格可能なのです。なぜなら試験問題は過去問の焼き直しだからです。

「ウソだ!過去問なんてやってもしょうがないでしょ?だって一度出た問題なんて二度と出ないでしょ!?」ごくまれにこう思っている人がいます。でもそれは大きな間違いです。一度出た問題が出るのです。しかも繰り返し何度も出るのです。

2級ボイラー技士試験に限らずほとんどの国家試験は過去問から出来上がってるといっても過言ではありません。試験問題作成者は過去数年間に出題された問題を散りばめたり、ちょっとだけ内容を変えて新たな問題を作るのです。 なぜならそのほうが簡単に問題が出来上がるからです。

実は2級ボイラー技士試験に 最短で一発合格するためには、そこが一番大切なポイントなのです。ですから過去問をしっかり押さえることが合格への大前提なのです。

ただ、過去問を中心にした勉強法には1つだけ弱点があるのです。

過去問の弱点とは?

例えば以下の問題をご覧ください。

【問題】重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。
1.重油の密度は、温度が上昇すると減少する。
2.重油の粘度は、温度が高くなると低くなる。
3.重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。
4.重油の引火点は、密度が小さくなると高くなる。
5.重油の単位質量当たりの発熱量は、密度が小さくなると大きくなる。

平成23年後期試験出題問題

混乱

この手の問題は受験者の頭を“こんがらがらせる”典型例です。

正解は4番です。「重油の引火点は、密度が小さくなると低くなる。」が正しい答えです。

では、試験勉強をするときには4番の「重油の引火点は、密度が小さくなると低くなる。」とだけ覚えれば良いでしょうか?違いますよね。

もしかすると次の試験では3番の「重油の比熱と密度の関係」について出題されるかもしれませんし、2番の「重油の粘度と温度の関係」について出題されるかもしれませんよね。

と言うことは、結局は5つの選択肢全部の内容を覚えなければいけないことになるのです。そうすると、「とにかく過去問が大切だから何度もくり返そう!」と思ってもこんな順路をたどるのです。

過去問を解く⇒答え合わせをする⇒選択肢の内容をすべて確認する⇒よくわからない項目がある⇒教本や参考書で該当部分を探す⇒やっと見つける⇒内容をチェックする…

というように、とんでもなく時間と労力がかかってしまうのです。

そして【過去問⇒教本⇒過去問⇒教本…】という無限スパイラルにはまってしまうのです。

その結果どうなるのかと言うと、「過去問はやったけど全然覚えていない…」というシャレにならない結果になり、残念ながら試験も…と言うことになりかねないのです。

では、無限スパイラルにはまらないためには、どうすれば良いのでしょうか?

試験に出るところだけにポイントを絞る!

例えば先程の問題を見てください。

【問題】重油の性質について、誤っているものは次のうちどれか。
1.重油の密度は、温度が上昇すると減少する。
2.重油の粘度は、温度が高くなると低くなる。
3.重油の比熱は、温度及び密度によって変わる。
4.重油の引火点は、密度が小さくなると高くなる。
5.重油の単位質量当たりの発熱量は、密度が小さくなると大きくなる。

平成23年後期試験出題問題

この問題の答えは4番で、「重油の引火点は、密度が小さくなると低くなる。」が正しい答えです。

しかも、この選択肢の内容「引火点の低い重油は密度が小さい」は過去6年間で5回も出題されているのです。ということは、重油の性質で一番最初に覚えるべき内容は「引火点の低い重油は密度が小さい」なのです。

このように、よく出るところと、全く出ないところは既に決まっているのです。

  1. 毎年と言って良いほどよく出る問題
  2. たまに出る問題
  3. なんとなく知っておくだけ良い問題
  4. 無視して良い問題

実は過去問はこのように出題ランク分けできるのです。
ですからあなたが暗記すべきポイントは1番のよく出る問題と、たまに出る問題、極論するとこの2つの最重要問題だけに集中して勉強することが合格への最短ルートなのです。

出た問題だけで、本当に合格できるの?

もしかするとあなたは、「たまたま運が良くて勉強したところが出ただけじゃないの?」「一度出た問題がそんなに高確率で再出題されるの?」そう感じたかも知れませんね。

実は、よく出るところと、全く出ないところは試験をする前から既に決まっているのです。ですからあなたが暗記すべきポイントはよく出る最重要問題だけなのです。それが合格への最短ルートなのです。

このことは岡山大学法科大学院教授で司法試験合格請負人と呼ばれている井藤公量教授も著書「試験に受かる超効率勉強法」でこうおっしゃっています。

・問題を解く力を身につける最短距離は、過去に出た問題とその解答を覚えること
 だとわかるだろう。

・実際の過去問すべてを勉強すべきだ。「出た問題」は「出る問題」だからだ。
 極論を言えば、「出ていない問題」は「出ない問題」なのである。
 つまり、過去の試験に出たものはすべてAランクであり、出てない
 もの、二度と出ないものはランク外である。

試験に受かる超効率勉強法


井藤公量先生著(株式会社日本実業出版社)

「試験に受かる超効率勉強法」

73ページ、75ページより引用




2級ボイラー試験に関わらず、多くの国家試験の合格率は60%です。出題された問題の6割に正解すれば、合格できるのです。そして、実は多くの試験問題は過去に出題されたものが全体の8割を占めるのです。ということは、過去に出た問題だけをやるだけでもラクラク合格可能なのです。

試験問題の内訳

はじめて出題される2割の問題に時間をかけるよりも、過去に出た問題に集中することが、最も効率良く合格する方法なのです。

一発合格のポイント2「どうやって勉強するのか?」

では仮に試験に出る確率の高い、最重要問題がわかったとします。でも、せっかく時間と労力をかけて勉強しても、全然頭に入らないということがよくありますよね。ではなぜそんな現象が起きてしまうのでしょうか?

さらに、なぜ同じ教材を使って勉強しても、ラクラク合格できる人と、何度チャレンジしてもダメな人がいるのでしょうか?

実はこの違いこそが、暗記力の差なのです。

では「暗記力」とは生まれ持った能力や才能なのでしょうか?
いいえ違います。多くの方は試験に一発合格できるくらいの暗記力があるのです。

例えば、あなたは何か趣味や好きなことがありますよね。釣りやパチンコ、スポーツ、車、パソコンや家電、ファッション、音楽、お気に入りの芸能人…何でも構いません。そんな好きなことについては、別に努力などしなくても勝手に色々な情報が頭に入り、ドンドン知識が増え続けると思います。

「これって本当に暗記力が弱いのでしょうか?」

本当に暗記力や記憶力が弱いのであれば、好きなことでも全然覚えられないと思います。でも好きなことであればスラスラ情報が頭に入って来ると言うことは、あなたには十分に暗記力が備わっていると言うことなのです。

では、なぜ暗記が苦手なのでしょうか?

暗記できない本当の理由とは?

記憶する脳

暗記が苦手な原因は「やり方が悪い」です。あなたはこれまで勉強や暗記のやり方を誰かに教えてもらったことはありますか?

おそらくないのではないでしょうか。親も学校の先生も勉強する中身を教えてくれても、肝心なやり方は教えてくれません。ですから私たちの誰もが暗記が苦手と言うのは当然の結果なのです。

ただ、暗記もやり方を知っている人とそうでない人では、その結果に天と地ほどの差が生まれてしまうのです。
一般的に「勉強ができて頭が良い」と言われている人は、その暗記のコツを知ってしまった人なのです。

では、「できる人」が身につけている暗記のコツとは何なのでしょうか?
効率よく暗記を進めるにはどうしたら良いのでしょうか?

脳機能を活用した暗記法の極意とは?

楽してサクッと暗記するためには2つのポイントが大切です。

暗記のポイント

1.関連付ける
2.五感を使う

1.関連づける

関連づけの代表例はゴロ合わせです。

例えば下記の17桁の数字を10秒で暗記しなれければいけないとします。

12834124031616786


どうでしょうか?
たった10秒で覚えられますか?

きっと普通に覚えようとしても難しいですよね。


ではこのように覚えるとどうでしょか?

12 8341 2403 1616 786
ひとに やさしい  にしおさん いろいろ  なやむ

これなら10秒でも覚えられそうですよね。

「そんなのたまたま語呂合わせがはまっただけじゃないか!?」
確かにそうです。でも気がついて欲しいのは、覚える対象は全く同じと言うことなのです。

ただ羅列された数字も、語呂合わせの数字もどちらも「12834124031616786」という単なる数字です。

でも語呂合わせで覚えたほうが確実に記憶できますよね。この違いが暗記法を知っているのか、知らないのかの違いなのです。人間の脳は意味のあるものと関連付けることで記憶しやすくなるのです。

ボイラー法令の数字などはその良い見本ですよね。「伝熱面積が14m2以下の温水ボイラーは…」というのは、何の意味もない数字を覚えなければいけません。そんな時こそゴロ合わせなどの暗記法が役立つのです。

2.五感を使う

人間の脳は何かを記憶するときは実は3つの情報をワンセットで記憶します。
例えば「小学6年生の国語教科書に載っていた詩を一つ思い出してください」こう質問されたら答えられますか?
きっと何一つ思い出せないのではないでしょうか。

では今度は、「小学校の修学旅行を思い出してください」そう質問されたらどうでしょうか?

きっとあなたの脳裏には、お寺や観光地の風景、ワイワイガヤガヤ騒がしい声や音、ドキドキワクワクした気持ちなど、さまざまな場面がよみがえって来たのではないでしょうか。

実は人間の脳は「見たこと(視覚情報)」、「聞いたこと(聴覚情報)」、「感じたこと(身体感覚)」この3つをセットに物事を記憶しています。そして特に「感じたこと」が強ければ強いほど記憶として脳に定着するのです。

国語の教科書の内容を思い出せなかったのは、おそらく強い感覚がなかったからです。逆に修学旅行の体験が記憶に残っているのは、それだけ大きな「感じたこと」があったからなのです。

他にも、例えば昔失恋したときによく聞いていた曲がラジオから突然流れると、その当時の景色(見たこと)や当時の胸がキュンとする切ない感覚(感じたこと)が一瞬でよみがえって来ることがあります。

これも、視覚、聴覚、身体感覚がセットになっているために、ラジオからの曲という聴覚情報がイモずる式に当時の記憶をよみがえらせたのです。


このように、闇雲に用語を暗記するのではなく、「関連づけ」と「五感」を活用して覚えることが最小限の時間と労力で記憶させるための裏技なのです。

一発合格のポイント3「どれくらい勉強するのか?」

試験に一発合格するためには「何を勉強するのか?」「どうやって勉強するのか?」と言うことが大切だとお伝えして来ましたが、最後のポイントは、「どれくらい勉強するのか?」ということです。

試験を受ける多くの方が、どれくらい勉強をすれば合格できるのかと言う明確な基準がわかりません。その基準がわからないから、不安になり自信が持てないのです。

逆を言うと、「これだけやればOKなんだ!」というハッキリとした基準がわかっていれば、そこへ向かって迷いなく勉強を進めることができるのです。

実はそんな基準は存在するのです。試験に合格するためには最低限これだけは覚える!というポイントがあるので、あとはそれを機械的に記憶して行くだけなのです。

一発合格の3ポイントすべてを満たす方法

ではこれまで説明してきた一発合格するための3つのポイント

  1. 何を勉強するのか?
  2. どうやって勉強するのか?
  3. どれくらい勉強するのか?

これらすべてを満たした教材があるなら、より「楽してサクッと」合格できそうですよね。

そこでご紹介するのが「過去問合格ノート」です。

暗記専用の教材「過去問合格ノート」

実は、過去問合格ノートとは、実際にボイラー2級技士、1級技士試験を両方とも短期間で軽々と合格した方のノートをヒントに開発されたものです。

過去問合格ノートの5つの特徴

最小限の努力で最大限の効果をあげられる理由は5つあります。

1.暗記だけに特化した他にはないユニークな「暗記専用教材」
  どんなに素晴らしい講義を受けても、最後は暗記力が合否を分けます。

2.過去問15回分を徹底分析!出る所しか載せない!無駄な勉強をさせない!
  もうヤマをはる必要も、過去問を研究する必要もありません。
  これだけやれば大丈夫です。
 
3.1分1秒のスキマ時間も大活用できる!
  机に向かうだけが勉強ではありません。通勤通学、お昼休み、トイレ、お風呂…
  いつでもどこでもササッと勉強できます。

4.よく出るポイントがひと目でわかる!
  重要度を★★★(三ツ星)で表現。まずは重要問題から進めましょう。

5.「一問一答式」なのでクイズ感覚で楽しみなら進められる!
  ダイエットも禁煙も楽しくなければ続きません。楽しければ結果が出ます。

さらに、加速暗記法と組み合わせることで 効果倍増!

過去問を分析して良く出る順にただ並べただけでは、意味がありません。そのポイントをいかに暗記するかが重要です。

そこで、過去問合格ノートではよく出るポイントをサクサク暗記できるように、脳科学を応用したNLP暗記法を採用しています。

NLP暗記法の特徴

[check]一度覚えたら忘れたくても忘れない
[check]イラストや語呂合わせでイメージ力を最大活用
[check]ワンポイントアドバイスで脳に知識が絡みつく
[check]ゲーム感覚で鼻歌を歌いながら勉強できる
[check]機械的にただ10回くり返すだけで、自然に暗記が可能

「過去問合格ノート」は簡単に言うと、暗記専用のノートです。
よく出る箇所が重要度付きでまとめられた一問一答教材ですので、どんな場所でも1分1秒をムダにせずに加速学習ができます。

過去問合格ノートは、本屋さんやネットで販売している予想問題集などの単なる教材ではなく、「脳科学を活用した暗記法」と「教材」が1つになった画期的な暗記専用教材なのです。

こんな方にお薦めです。

[check]とにかく一発合格したい方
[check]もう失敗できない方
[check]セミナーや講習会での理解を記憶に落とし込みたい方
[check]すべて独学でチャレンジする方
[check]色んな教材に手を出したのに、自信がない方
[check]やらなきゃいけないのに、何にも進んでいない
[check]余計なことを何も考えずに、暗記だけに集中したい方

このような方の一発合格の強力なサポートになるでしょう。

2級ボイラー以外にも活用できます。

実はこの過去問合格ノートで身に付けた勉強のやり方やコツは、今後のあらゆる資格試験にも活用できます。さらに、効果的な暗記方法をマスターしてしまえば仕事はもちろん趣味などにも活用できます。

何気ない日常生活でも、例えば初対面の人の名前と顔を1回で記憶してしまうことや、買い物の品目をメモなしで完璧に覚えて買い忘れをなくしたり、テレビで見た美味しいラーメン屋さんの名前もメモなしで覚えられたりもします。

さらに、お子さんがいらっしゃる方は、この勉強方法をお子さんに教えてあげることで、学校での定期テストや受験勉強の強力な武器にもなるのです。

過去問合格ノート 勉強法は2級ボイラー試験に合格するためだけではなく、あなたの人生の様々な場面で使えるテクニックなのです。


2級ボイラー技士試験合格への切札
「過去問合格ノート」

2級ボイラー技士試験過去問合格ノート

それでは過去問合格ノートのより詳しい内容をご紹介します。

【教材内容】
1.ボイラーの構造に関する知識
2.ボイラーの取扱いに関する知識
3.燃焼及び燃料に関する知識
4.ボイラー関係法令

【教材形式】
PDFファイル(35ページ)

【教材お渡し方法】
専用ページからダウンロードして頂きます。

【教材使用方法】
ご自宅や会社などでPDFファイルを印刷してご利用ください。
※セブンイレブンなどのコンビニでもPDFファイルの印刷ができます。

【教材活用活用方法】
印刷した合格ノート常に携帯してください。そして通勤通学時、トイレ、テレビCMの合間、お昼休み、待ち時間など、すきま時間を最大限に活用してくり返してください。

さらに、こんな特典もご用意しました。

【特典1】2級ボイラー技士試験「ポイント集」

2級ボイラー技士試験「ポイント集」

ボイラーの勉強を進めていると、ややこしい内容や頭がこんがらがる内容、教本を見ても解説が不親切でイマイチよくわからないことが出て来ます。そんな理解が難しい内容や、暗記しにくい内容を暗記術を活用してわかりやすく解説しています。ぜひ合格ノートと併用して使ってください。きっとスラスラとストレスなく勉強が進められると思います。

【教材形式】
PDFファイル(7ページ)

【教材お渡し方法】
専用ページからダウンロードして頂きます。

【教材使用方法】
ご自宅や会社などでPDFファイルを印刷してご利用ください。
※セブンイレブンなどのコンビニでもPDFファイルの印刷ができます。

【特典2】過去問合格ノート勉強法

過去問合格ノート勉強法

過去問合格ノートを最大限に活用して頂くための活用方法をまとめました。さらに、暗記を加速させるための暗記術もご紹介してます。この勉強法は2級ボイラーだけではなく、あらゆる資格試験やお子さんの受験勉強にも活用できる内容となっていますので、ご家族でご活用頂けます。

【教材形式】
PDFファイル(33ページ)

【教材お渡し方法】
専用ページからダウンロードして頂きます。

【教材使用方法】
ご自宅や会社などでPDFファイルを印刷してご利用ください。
※セブンイレブンなどのコンビニでもPDFファイルの印刷ができます。

【勉強法内容】

などなど、この他にもすぐに使える暗記術や合格ノートの効果をアップさせる勉強方法をご紹介しています。

あなたがやることはコレだけです

1.合格ノートをいつでもどこでもササッと解く
2.暗記術を使ってその場で覚える
3.機械的にただくり返す

楽勝!

机の前で考え込む必要も、教本とニラメッコする必要ももうありません。

次の試験に高確率で出題される問題を一問一答形式でササッと答えて行くだけで良いのです。

通勤通学時間、休み時間、テレビCMの間、お風呂につかりながらなど、ちょとしたスキマ時間にどんな場所でも楽しみながら1分1秒をムダにせずに加速学習ができます。


2級ボイラー過去問合格ノートを手に入れると…

  • 今日から試験日までに「やるべきこと」がハッキリわかり、合格への自信が湧きます
  • ムダな労力を使わずに楽してサクッと勉強でききます
  • 机に向かっていなくても、いつでもどこでもサクサク暗記が進みます
  • あれもこれもとアタフタせずに、一つに集中できます
  • あなたの履歴書に「2級ボイラー技士資格取得」と胸を張って書ける日が近づきます

あなにもこのような変化が訪れるのです。

暗記専用教材「過去問合格ノート」の費用

一般的に2級ボイラー技士試験の教材やセミナー費用は以下のようになっています。

このような相場となっているようです。

ではこれらを受けると合格できるのでしょうか?

これまでご説明したように、どんな素晴らしいセミナーを受けても、どんな有名な教材で学んでも、最終的に合否を決定するのは「暗記力」なのです。

ですから逆を言えば、しっかりとした暗記力がなければ、これらの教材やセミナーで勉強しても、その費用がすべて無駄に可能性もあるのです。

そう言った観点から見ると、過去問合格ノートの価値はセミナーや通信教材以上の価値があると自負しております。

ですが、せっかくこうして長い文章を最後までお読みいただいたあなたには、是非とも2級ボイラー技士試験に合格していただきたい!という強い想いがありますので、通信教材やセミナーよりも手の届きやすい価格の9,8000円でご提供したいと思います。

仮に試験まで3ヶ月あるとすると、1日あたり108円の計算です。缶コーヒー1本分にも満たない投資金額だけで、合格率を飛躍的にアップすることができるのです。

「鉄は熱いうちに打て!」はじめるのは早い方が断然有利です。ぜひ今このタイミングで合格へ舵を切ってください。



2級ボイラー技士試験合格へのチケット!
「過去問合格ノート」

過去問合格ノート

楽してサクッと一発合格したい方は、今すぐ以下の購入ボタンをクリックしてください

ご購入はこちら

各種決済サービスがご利用頂けます。



体験者の声

「あらゆる試験に一発で合格出来なかった自分にとって驚きと感謝です!」

実践者の声

会社で急に2級ボイラー技士の免状取得者が必要となり、試験日までの期間も短く、全くボイラーの知識もなかった為、どこから勉強したら良いか非常に困っていました。そんな時に過去問合格ノートを知り、これなら短期合格できそうだと思い購入しました。

まずは合格ノートの最重要ポイント、重要ポイント別に繰り返し暗記して行き、その後過去5年分の問題集と併用しながら、各項目別の出題傾向を掴んでいきました。繰り返し問題を解いていくと、簡単な問題と間違えやすい問題とが明確になってくるので、要注意問題には試験日直前に再確認出来るように付箋紙を張り付けていきました。

過去問の出題内容を項目毎に要点を絞ってまとめられており、自分で要点集を作成する手間が省け、短期間で集中して勉強する事が出来ました。また最重要、重要ポイントを★の数で明記している事で出題傾向が解りやすかったです。

今回の二級ボイラー技士試験を通じて合格ノートに出会え、短期間で一発合格にたどり着き、今まであらゆる試験に一発で合格出来なかった自分にとって驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。やはり合格ノート活用による過去問の繰り返し実践が一発合格できた理由だと思います。今後、他の資格試験等を受験する際にも教えて頂いた勉強法を活用させて頂きたいと思います。

【受験勉強をされている方へ励ましの言葉】
合格ノートを活用した受験勉強は合格への近道です。もっと早くこの勉強法に出会えば良かったと感じています。一発合格目指して頑張ってください。

免許試験合格通知書

大分県 45歳男性 M.Kさん  


試験ではウソのようにやった内容が出ました!

実践者の声

以前は標準問題集を解いていましたが、解説がなくいちいち教本で内容を確認しなければいけないので時間がかかり、覚える内容が膨大で途方に暮れていました。そんな時に偶然過去問合格ノートを見つけました。
今まではどう進めれば良いのか自分の勉強のやり方に自信がありませんでしたが、出るポイントだけに集中できるので迷いがなくなりました。主に会社の昼休みの30分間と帰宅後の寝る前の30分くらいを勉強時間にしましたが、クイズに答えるようにどこでもサッとできるのが良かったです。
試験ではウソのようにやった内容が出てスラスラ解けました。やはり出るポイントだけを迷わず暗記できたお陰だと思います。
ちょっとでも試験勉強に行き詰まりを感じている方はできるだけ合格ノートに切り替えると良いと思います。

埼玉県 25歳男性 工場勤務  


実践者の声

「迷いことなく勉強に集中できます!」

素晴らしい教材をありがとうございます。早速実践していますがとてもわかりやすく進められています。やるべきことがハッキリしているので迷うことなく勉強に集中が出来そうです。ありがとうございました。

東京都 54歳男性  


さらに!永久保存版特典もプレゼントします。

世の記憶術、暗記法を一挙に公開!「記憶術大百科」

記憶術大百科

世の中にはさまざまな記憶術や暗記法があります。また記憶中術の全国大会や世界大会も開催されているほどで、人間技とは思えないほどの記憶力を発揮する人がたくさんいます。では彼らは生まれながらの天才なのでしょうか?実は違うのです。ただ暗記の究極的なテクニックを知っているだけなのです。
ではもしそのテクニックを私たちが身につけたらどうなるのでしょうか?おそらく「私の特技は暗記です!」と胸を張って言えると思います。
記憶術大百科では、載っていない記憶術はないと言っても良いくらいあらゆるメソッドを網羅しました。ぜひあなたの得意技を見つけて勉強に仕事に日常生活に記憶術を活用してみてください。きっと世界が変わるはずです。

【教材形式】
PDFファイル(17ページ)

【教材お渡し方法】
専用ページからダウンロードして頂きます。

【教材使用方法】
ご自宅や会社などでPDFファイルを印刷してご利用ください。
※セブンイレブンなどのコンビニでもPDFファイルの印刷ができます。

【勉強法内容】

この他にも、すぐに使える12個の記憶術を一挙にご紹介します。

これらの記憶術を使えば、人の名前を一瞬で覚える、作業手順をサッと覚える、数値データがスラスラ頭に入るなど、今後のあなたのお仕事にもすぐに役立てることができます。

また趣味や雑学などの知識もドンドン吸収できるようになるでしょう。

さらにご家族やお子さんの日々学習や受験勉強にも記憶術を活用することで、より高い成果につなげることもできます。

ぜひこの機会に一生使える記憶術を身につけてください。

よくあるご質問

教材は過去問合格ノートだけあれば大丈夫なのですか?

過去問合格ノートは暗記に特化した教材です。さらにわかりにくい部分にはワンポイントアドバイスで解説したり、別冊のポイント集で確認することができます。ですから過去問合格ノートをしっかりと繰り返すだけで大丈夫です。ただボイラー初学者や実物を見たことのない方、より詳しい解説や図、イラストを参考にしたい場合には、ボイラー教本や市販の参考書をご活用ください。メインの教材は合格ノートで、教本や参考書は辞書的な位置づけと考えられるとわかりやすいと思います。

対策セミナーに出たのですが、それでも参考になるでしょうか?

解説ページでもお話してますが、セミナーに出たからといって合格できるわけではありません。結局最後には自分の力で暗記をしなければいけません。ですからセミナーに出た人にこそ、その仕上げとして合格ノートをご活用頂きたいと思っています。

仕事で毎日忙しくて勉強する暇がありません。大丈夫でしょうか?

はい大丈夫です。忙しい人にこそ合格ノートを活用して頂きたいと思っています。過去問合格ノートは一問一答形式になっていますので、通勤途中やちょっとしたスキマ時間でもササッと勉強ができますので、ぜひご活用ください。

昔から暗記が苦手なのですが、こんな私でも平気ですか?

はい平気です。合格ノートは他にはない暗記専用の教材ですので、暗記が苦手な方にこそピッタリの教材です。特典の勉強法をお読みいただくと暗記のやり方とコツが手に取るようにわかりますので、今後は暗記が得意になると思います。

私は50代で記憶力もかなり衰えていますが、うまく暗記できるでしょうか?

はい大丈夫です。実は暗記に年齢は関係ありません。逆に記憶力に衰えを感じられているからこそ、暗記術を身につけてもらいたいと思います。

とにかく試験まで日にちがないのですが大丈夫でしょうか?

はい、そういう場合にこそ過去問合格ノートが役立ちます。期日が迫れば焦ります。焦れば焦るほど何をすれば良いのか不安になります。そして不安になると勉強に集中できません。過去問合格ノートは「ただやるだけ」です。機械的にサクサク進められますので、迷いや不安を感じる余地すらなく、合格までたどりつけます。

自宅に教材が届くのでしょか?

いいえご自宅に教材は届きません。教材はPDFファイルと音声になります。ご購入時にご登録いただいたメールアドレス宛に、ファイルのダウンロードページをご案内いたしますので、ご購入者さまにダウンロードしていただくことになります。

ボイラーの基礎知識がないのですが大丈夫でしょうか?

はい大丈夫です。受験生の多くの方が十分にボイラーの知識を深めてから、暗記しようとします。それではいくら時間があっても足りません。「これはこういうものなんだな」と暗記を進めながら割り切った形で理解して行くことが大切です。但し、全くイメージがつない状態で受験勉強を進めるのはストレスになりますので、教本やイラスト入りの参考書と併用しながら勉強を進めてください。

何年分の過去問を扱っていますか?

H19年からH27年の9年分の過去問を分析して作成しています。

追伸

あなたはどちらの道を進みますか?

最後まで貴重な時間を割いてお読みいただきありがとうございます。

2人の自分を想像してみてください。

まず1人目は、今のまま勉強を進めて試験当日を迎えるあなた。
そしてもう1人は、過去問合格ノートを使いこなして試験当日を迎えるあなたです。

どちらの自分の方が楽してサクッと合格できそうでしょうか?

今のあなたが十分に勉強が進んでいても、全く進んでいなくても、試験日は1日1日近づいています。そんな貴重な1日1日を無駄にせずに、合格を勝ち取るために本気で走り始めるのはいつでしょうか?

そう、今ですよね。今のこの瞬間の行動があなたの未来を切り開きます。

忙しい日々の中、コツコツと試験勉強を続けるのは簡単なことではありません。そして万一不合格になりもう一度ふり出しに戻ってしまうと、そこに費やされる時間と労力は並大抵のものではありません。またモチベーションを維持するだけでも大変です。

だからこそ、あなただけには最小限の労力でサクッと一発合格して頂きたいと思っています。そして上司や同僚、家族から「合格おめでとう!やるじゃん!」と笑顔で祝福を受けて頂きたいと思っています。

是非、過去問合格ノートを使って栄冠を勝ち取って下さい。
正しい努力は、決してあなたを裏切りません!

そして合格後には美味しいビールで祝杯をあげてください!

あなたのご健闘をお祈りしています。

祝杯♪  






powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM